不妊との関係 -基礎体温@完全ガイド-



不妊との関係


  子どもが欲しいと思いながら、なかなか恵まれない人も多い
  ことでしょう。この場合には、自分が不妊症であるのか知る
  ことが大事ですので、まずは、きちんと基礎体温を毎日測定
  して記録をつけることから、始めましょう。避妊もしていな
  いのに、普通に性生活を2年間続けていても妊娠しない場合
  は、不妊症と診断されます。

  ところが、不妊症の原因とは、なかなか分からないのが実情
  です。女性だけではなく男性側に、その原因がある場合も考
  えられますし、ストレスや疲労など、環境的な原因もあるの
  ですから、人さまざまなのですよね。

  では、妊娠するためにはどのようなところを気をつければ
  いいのでしょう。そのためには、一番先に必要なことが、
  自分の体のバイオリズムをよく知ることなのです。
  まず、3ヶ月以上の基礎体温の記録をつけてください。
  それで、ご自分がきちんとした二相のはっきり分かれている
  かどうかを確認しましょう。

  それがはっきりしない場合には、自分の場合に、どの時期に
  排卵がなされているのかと、基礎体温記録表で、確認し、
  排卵時期に合わせた生活を送るように心がければいいのです。
  これだけでも妊娠の可能性は高まります。最近では、晩婚化も
  進みましたが、女性の体を知るのは、遅すぎないほうがいい
  です。不妊症と診断される時期が遅すぎる場合も起こりえます
  ので、早めに不妊治療は行ってもいいのではないでしょうか?
  というのは、年齢が進むほどに、不妊治療は難しくなるからです。


当サイト人気コンテンツ


   ★ 体温の役目
   ★ 正しく測る方法
   ★ 生理との関係
   ★ 美容・ダイエットに?!