基礎体温計について -基礎体温@完全ガイド-



基礎体温計について


  基礎体温を測るには、できるだけ「婦人体温計」と呼ばれ
  ている専用の体温計を使用しましょう。普通の体温計です
  と、1℃が10等分されたメモリですが、婦人体温計は20等
  分のメモリが付いていますので、基礎体温のような0,3
  〜0,5℃という微妙な変化を見るために適しているから
  です。

  ですが、一般的な基礎体温計には種類があります。
  その種類を調べてみました。


  1 電子体温計

   最近は、この体温計がかなり使われております。1分から
   3分程度で測定できますし、最近のはデータ化することが
   できるようになっておりますので、高温、低温が一目で分
   かるようになっています。しかもこの特徴は、PCや携帯
   にデーターを送って、グラフとして表示することができま
   すので、病院などでもとても利用価値が高いですね。

   さらに、婦人科で利用する場合は、200日ほどが自動的に記
   録されたり、排卵日が近づくと、それが通知されるなど、
   とても使いやすいものです。お値段は、付属した機能によっ
   て異なりますが、1500円から20000円まで、さまざまな
   機種があります。

  2 水銀計

   昔からある体温計です。水銀が入ったものですが、計る時間は、
   5分程度と長くなりますが、細かい体温を調べるには、今でも
   水銀系のほうが数値が信用されております。ただし、素材がガ
   ラスなので、危険性が高く、お子さん、そのまま寝てしまいそ
   うな人など、壊す危険がある場合は、電子体温計のほうが安全
   です。お値段は、ドラッグストアなどで、約1000円です。


当サイト人気コンテンツ


   ★ 体温の役目
   ★ 正しく測る方法
   ★ 生理との関係
   ★ 美容・ダイエットに?!