正しく測る方法 -基礎体温@完全ガイド-



正しく測る方法


  特に、基礎体温はほんのわずかの差で変動しますので、常に
  安静な状態で測ることが大事です。では、基礎体温はどのよ
  うにして測るのが一番適しているのでしょうか?細かい温度
  の変化を知りたいので、まずは、安静にした状態である必要
  があります。ですから、測る時間帯で一番適しているのは、
  朝目覚めたときです。そして、毎日同じ時間に起き上がる前
  に計りましょう。動いた後では、体温は上昇しますので、正
  しい基礎体温とは言えなくなるからです。さらに、お勧めす
  る体温計は、細かいメモリがついている「婦人体温計」が
  いいですね。

  これらのことから、基礎体温を正しく測定するために

  1、朝目覚めたら、そのまま、布団の中ですぐ測ること
  2、毎日同じ時刻に測定すること
  3、口の中で測ることです

  では、なぜ、基礎体温を測るのは、朝がよいのでしょうか?
  これは体が一番安静にしている状態ですし、運動などをまだ
  行う前での後でもないからですね。要するに、体の内部にあ
  る内臓が休んでいる状態で測ってこそ、正しい体温と言える
  のです。また、口の中で測るのが基礎体温の特徴です。舌の下
  に婦人体温計を挟みこんで、しば楽そのまま動かさないでおき
  ましょう。

  さて、せっかく測った基礎体温は、その日の体調の変化と一緒
  に記録しましょう。たとえば、おりものの量や出血、胸の張り
  具合、腹痛などといった女性特有の変化を見逃さないように、
  細かく記録できれば、ベストですね。このような基礎体温や体
  調の変化が分かると、妊娠しやすい時が見極められやすくもな
  りますし、女性の病気などの早期で発見することもできます。
  基礎体温とは、女性の体調の変化を知る雨にとても役に立つの
  です。


当サイト人気コンテンツ


   ★ 体温の役目
   ★ 正しく測る方法
   ★ 生理との関係
   ★ 美容・ダイエットに?!